「e-konの道をゆく」掲示板

73770


林道や廃村についての情報や感想、
またこのホームページに関することなど
何でもお書きください。

田舎の家 - kotaro

2018/06/06 (Wed) 16:25:14

こんにちは。
今日から関西も梅雨に入ったらしいです。
時々Facebookの方では失礼いたしています。
3月以来の書き込みをします。
何のことを書こうというテーマも最近はありません。
いよいよ田舎の家が駄目になり、賃貸に出していたことが限界になりました。
父の最後の遺産も、亡くなって24年が経ち、10年近く人に貸したりしていましたが、終わりが来たようです。
私も良い年になってきました。1年と1ヶ月で還暦を迎えます。
先月から違う仕事を始めたり、その間の収入の少なさ等で、非常に苦しい昨今です。
50才で会社を辞めてから、いろいろなことに取り組みました。
社会的な活動もやってきました。その縁が出来て、きょうも6時から夜学の校長みたいな
仕事に向かいます。
希望とか、野心は元々無いのですが、いろんなことを考えて来て、この齢まで生きてきました。
気がつけば、親の元で暮らした日々の親族はいなくなり、
こちらで所帯を構えた時の家族も、皆んな出て行き、一人で暮らすことにやや疲れております。
60から先は、九州に戻れるか判りませんが、また明るい気持ちの話題が書けるように、頑張ってみましょう。
失礼いたします。


Re: 田舎の家 - e-kon(管理人)

2018/06/07 (Thu) 23:01:02

こんばんは、kotaro さま
facebook、いつも拝見させていただいております。

私たちの世代は、60年代、70年代という、非常に変化のある面白い時代を生きてきました。ただ自分の場合は、その時代を生きてきたというのに、せっかくの資産が何もなく、逆に今になってその頃を想像しながら振り返るということをしております。一方kotaroさんは、その頃の資産(写真)多く残し、またファインダーを通して見、消化してきてこられたという、何物にも変えがたい財産をお持ちだと感じています。そして、それらの資産を今も生かしながら動かれているのは素晴らしいことです。人にはそれぞれ、様々な生き方があると思います。自分自身は、人生の逆算で今の自分にできること、年代に応じてそれらのことを考えて動いていきたいなど考えています。

facebookで公開されていた、添付いただいた写真のお宅でのご家族の写真、それを拝見した時、なんとも言えない感動を感じました。時代を感じるとともに、その頃の家族愛と、それが過去のものとなっていることの寂しさを自分に置き換えたのだと思います。自分自身、両親が亡くなってもうだいぶとなりますが、そういった子どもの頃の写真を見ようという気が、なかなか起こりません。今回、kotaroさんの写真を通して、間接的に自分のその頃を見たような気がします。

九州のご実家、どうか大事になさってください。故郷のない自分のような人間には、羨ましい限りです。

いつも訳のわからないことばかりお返事してしまい。申し訳ございません。これからもfacebook、楽しみにしております。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.